事業計画

〜かがやく海と緑、グスクが語る歴史と未来〜とよむ文化とふれあいの丘・南上原

庭(ナー)のみち

庭(ナー)のみち

生活空間の快適さを増す心なごむ修景の施された「庭(ナー)空間」が連続する、すがすがしいふれあいのみちの形成

学園のゲート

学園のゲート

琉球大学中城口を印象づける、見通しのきいたゲート空間の形成

都市文化のみち

都市文化のみち

地域固有の緑地や街並みを背景に、都会的な沿道商業施設と一体化した、新しいまちのイメージを表現するみちの形成

グスクのみち

グスクのみち

中城村跡へとつながっていく稜線のラインが強調された歴史と自然、パノラマの展開する村のシンボルとなるレクリエーションプロムナード形式

グスクのみち

奥間南上原線への歩道橋整備グスク道の連続性を保ち、南上原地区への入り口を演出する、歴史と未来をつなぐゲートブリッジの形成

地図

花のゲート

花のゲート

ファッショナブルな商業施設と安全で美しい飾りのある歩道空間が一体化したシンボリックなゲート広場空間形成

見晴らしの毛(モー)

花のゲート

地区のランドマークとなり、コミュニティの拠りどころとなる、見晴らしを生かした地区の「毛(モー)空間」(ふれあいイベント広場)としての公園形成

このページのTOPへ