村長室

ごあいさつ

 

 

 新年度(令和3年度)にあたり、ごあいさつ申し上げます。

 『新たな時代へ、次の一歩を』
 新年度にあたり、村議会3月定例会での「施政方針」の中でこの言葉を述べさせていただきました。
 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症が蔓延し、厳しい1年となりました。
 新型コロナウイルスは、今もなお、世界中で猛威を振るっており、今後も予断を許さない状況が続いております。新型コロナワクチンの供給が安定し、世界中のすべての人々ができるだけ早く、接種できることをこころから願っております。

 令和3年度におきましても、私の政策の1丁目1番地として「子育て支援」を掲げています。中城村が子育てしやすい村として、今後も子育て支援を強化したいと考えています。
 併せて、安心で安全な教育環境が実現できるよう民間活力を導入した施設整備を令和4年度に着手できるよう目指してまいります。
 老人福祉センターの老朽化により、老人福祉活動の拠点を吉の浦会館へ移しました。安全な施設で安心して活動ができ、高齢者が益々お元気でご活躍していただくことを願っております。

 新たなまちづくりに向かって、北中城村との共同のまちづくり計画を進めています。国道329号バイパス、宜野湾横断道路など道路網の整備については、国や県と連携・協議を行い早期の事業着手に協力したいと考えています。
 また、多くの村民が望んでいる村全域の土地利用等についても、中部広域都市計画区域への移行を進めてまいります。

 令和3年度が、すべての人々にとりまして、最良の1年度となれるよう祈念するとともに、職員と一丸となって村勢発展に頑張ってまいります。


令和3年4月
中城村長 浜 田 京 介



 

このページのTOPへ