上水道について

掲載記事一覧:ご覧になりたい項目をクリックすると、その記事へ移動します。

 

 お申し込み・契約関係 

水道の申し込みについて
水道工事の申請について
給水契約の定型約款について

 

 お支払い・料金関係 

水道料金について

 

 水道水関係 

水質について
水道水の安全性について

 

 このページについて 

お問い合わせ先



 


 

お申し込み・契約関係


 

水道の申し込みについて

 

アパート・マンション・二世帯住宅等の所有者や管理者の皆様へ
 連合専用給水装置適用(変更)届 連合専用給水装置適用(変更)届

※申請は、印鑑(認印可、会社名義で申請する場合は会社印)及び各様式確認書類(必要に応じて)をお持ちになり、上下水道課窓口までお越しください。電話での受付はいたしておりません。

また、上記様式を印刷して使用できますのでご活用ください。


 

水道工事の申請について

宅地内に新しく水道を引き込む場合、または、増築、リフォーム等による水道の改造、修繕、撤去を行う場合、給水装置工事の申請が必要です。

工事は、中城村水道事業指定給水装置工事事業者(以下「指定工事業者」)が行います。申請手続きは指定工事業者が行うのが一般的です。

村内で給水装置工事を行うには、指定工事業者の指定を受ける必要があります。申請書類に必要事項を記入し上下水道課まで提出してください。

 

中城村水道事業指定給水工事事業者の申請関係

指定給水装置工事業者に関する申請書類について

指定給水装置工事業者に関する申請書類について

指定工事業者一覧

事業運営確認書 

記載例

 

指定更新制度に関するお知らせ

 指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上等を目的とした、「水道法の一部を改正する法律」が令和元年10月1日に施行されます。これに伴い、指定給水装置工事事業者に関して、5年ごとの更新制度が導入されることになっております。

 更新手続き等に関しまして、本ホームページ上において情報提供を行ってまいりますので、随時ご確認をお願いいたします。

更新制度に関するお知らせ

 

給水装置工事申込書関係

※申請書はA3・厚紙135kg・白色上質紙相当を指定とします。

給水装置工事申込書(両面)

給水装置工事申込書(おもて面)

給水装置工事申込書(裏面)

記載例

申請に必要な書類と加入金及び工事検査手数料


 

給水契約の定型約款について

令和2年4月1日施行の民法改正により、「定型約款」に関する規程が新設されます。
当村において、中城村水道事業給水条例が給水契約の内容となります。下記リンク先から中城村給水条例をご確認ください。
 

中城村例規集
※五十音検索で「す」を検索しますと、「中城村水道事業給水条例」と「中城村水道事業給水条例施行規則」がご覧になれます。

 

ページトップに戻る




 

お支払い・料金関係

水道料金について

消費税法改正に伴う上下水道使用料金の改定について

 社会保障の安定財源の確保等を図るための税制の抜本的な改革の一環として、平成24年8月に消費税法及び地方消費税法が改正され、令和元年10月1日から消費税率が地方消費税と合わせて、10%に引き上げられました。

 使用者の皆さまにおかれましては、上下水道使用料金の消費税引き上げの趣旨に、ご理解とご協力をいただきますよう宜しくお願いいたします。

 

※今回の改定はあくまで、消費税率の引き上げ(2%)分に限定したものであり、本体価格の値上げはありません。

 

増税後の料金については下記のファイルをご参照ください。

 

 

お支払いについて

お支払いは中城村役場ほか下記金融機関又はコンビニエンスストアでお支払いできます。
また、令和3年9月1日からスマホ決済によるお支払いができるようになります。

 金融機関・コンビニエンスストア一覧
 スマホ決済サービスについて
 

料金お支払いの際のお願い
  • 納付期限日までに指定金融機関又はコンビニエンスストアでお支払いしてください。
  • バーコード表示のある納付書はコンビニエンスストアでお支払いできます。
  • 金額訂正された納付書はコンビニエンスストアではお支払いできません。
  • コンビニエンスストアでのお支払いは30万円以下に限ります。
  • 指定納付期限日を過ぎますとお支払いはできませんので、ご注意ください。
  • 料金を滞納しますと督促手数料・延滞金・給水停止処分等の対象になりますのでご注意ください。
料金のお支払いは、便利な口座振替で!

口座振替取扱金融機関で手続きを行っています。(上下水道課窓口では口座振替の手続きは行っていません。)

手続きに必要なもの

  • 水道番号が確認できるもの(領収証又は使用水量のお知らせ表等)
  • 預金通帳
  • 印鑑(通帳印)

口座振替取扱金融機関

  • 琉球銀行本店・支店
  • 沖縄銀行本店・支店
  • 沖縄海邦銀行本店・支店
  • 沖縄県農協本店・支店
  • 沖縄県労働金庫本店・支店
  • コザ信用金庫本店・支店
  • ゆうちょ銀行(郵便局)
水道使用料金請求先の変更

下記を記入の上、窓口又はFAXでの提出をお願いします。(FAX 098-870-3610)

水道使用料金請求先変更届

 

ページトップに戻る

 


 

水道水関係

 

水質について

 


 

水道水の安全性について

PFOS等の水質検査について

 中城村にはダムなどの水源がなく、水道水は沖縄県企業局の浄水場で浄化された浄水を購入し、村民の皆様へ供給しています。そのうち、下地区(伊集〜久場)は石川浄水場から、上地区(登又〜南上原)は北谷浄水場から送られてきます。

 平成28年に企業局の調査により、北谷浄水場の水源である比謝川や嘉手納井戸群において、高濃度の有機フッ素化合物(PFOS等)が検出されました。PFOS等は消火用の泡消火剤にも含まれていることから、企業局は原因究明のために嘉手納基地への立入許可の申請をしていますが、未だに認められていません。

 また、企業局ではPFOS等の低減化に向けた様々な取組みを行い、安全なレベルに低減されていることを確認しています。厚生労働省が定める水道水の水質管理暫定目標値であるPFOSとPFOAの合計値50ng/Lを下回った値を維持しており、水道水の安全性は確保されています。
 なお、企業局では毎月PFOS等の水質検査を実施し、結果をホームページで公表しています(表1)。また、中城村も令和元年度から登又と北上原において年1回の水質検査を行い、安全性を確認しています(表2)。

 今後も水道水の水質管理を徹底し、安心安全な水道水の供給に努めてまいります。
 

 

表1.北谷浄水場におけるPFOSとPFOAの合計値(平均値)

(単位:ng/L)

平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度 令和3年度(8/31現在)
27 29 23 16 10


 

表2.中城村内におけるPFOSとPFOAの合計値

(単位:ng/L)

  令和元年11月26日 令和2年10月14日 令和3年7月16日
登 又 12 10 5
北上原 13 10 6

 

 ※1ng/L(1ナノグラム/リットル)=10億分の1グラム
  これは、プール(長さ25m×幅12m×深さ1m)に、食卓塩の塩粒3個分(0.3mg)を溶かした濃度に相当します。

 ※沖縄県企業局ホームページ https://www.eb.pref.okinawa.jp

          トップ→新着情報→「企業局における有機フッ素化合物の検出状況及び水道水の安全性について」

 

ページトップに戻る

 



 

お問い合わせ先

 

ページトップに戻る

 

このページのTOPへ