ペット

犬、ねこについて

近所に迷惑をかけることなく、楽しく快適にペットと暮らすためにも、愛情と責任をもって飼いましょう。

<ページの先頭に戻る>

犬の登録と狂犬病予防注射

犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に登録の申請をし、鑑札の交付を受けなければいけません。(生涯1回)
また、生後91日以上の犬は、予防注射を受けなければなりません(毎年1回)。中城村では毎年6月に集合予防注射を実施しています。注射を受けられなかった場合は、最寄りの動物病院で受けてください。

手数料
  • 登録料 3,000円
  • 注射料 2,650円
  • 再登録料 1,600円
  • 注射済票 550円

<ページの先頭に戻る>

犬やねこの死体について

野犬や野良ねこの死体の回収は、以下の連絡先へ連絡してください。

国道の場合 南部国道事務所 電話 098-936-7033
県道の場合 中部土木事務所 電話 098-898-6669
村道の場合 中城村役場住民生活課 電話 098-895-2131
個人の土地(私有地)の場合

個人の土地(私有地)に野犬や野良ねこの死体がある場合は、その土地の管理責任として、土地の所有者等が処理してください。

また飼い犬・飼いねこの場合は、ペット火葬業者へ搬入、もしくは所有する庭や畑に深い穴を掘り埋葬してください。

<ページの先頭に戻る>

犬の正しい飼い方

放し飼いの禁止

犬は必ずつないで飼いましょう。放し飼いをすると交通の妨げになったり、他人の畑や庭を荒らしたり、人を咬むなど周囲の人達に迷惑をかけることになります。

犬は「中城村飼い犬条例」によって、つないで飼うことが義務付けられています。

鳴き声や汚物による迷惑の防止

犬が散歩中に排泄した、糞の後始末などを確実に行ないましょう。鳴き声、悪臭等で周囲の人達に迷惑をかけないようにしましょう。

終生飼育

飼い始めた犬は、家族の一員として終生飼うことが飼い主の責任です。

避妊・去勢

子犬が生まれても育てることができないと判っているときは、小さな命を大切にし、不幸な動物を増やさないためにも避妊・去勢手術を受けることをお勧めします。

健康管理

飼育施設を常に清潔にし、快適に住めるように心がけると共に、毎日の適正な運動、栄養バランスのとれた正しい餌の給与、ノミ等の外部寄生虫の駆除等に心がけるとともに、伝染病予防はもちろん、獣医師による定期的な健康診断を受けて、愛犬の健康を守りましょう。

<ページの先頭に戻る>

お問い合わせ先

このページのTOPへ