新型コロナウイルスに伴い中止したイベントのチケット払い戻しを受けない場合の寄付金控除について

1.税制措置の概要
 新型コロナウイルス感染症及び蔓延防止のための措置により、文化芸術・スポーツイベントが中止等となった際に、そのチケットの払い戻しを受けることを辞退した場合、当該辞退した金額のうち20万円までの金額について、他の寄附金控除と同様の税優遇を受けられる制度が創設されました。
・(外部サイト)スポーツ庁ホームページ チケットを払い戻さず寄附することをお考えの方へ
・(外部サイト)文化庁ホームページ チケットを払い戻さず「寄附」することにより、税優遇を受けられる制度が新設されました。

 

2.当該制度の対象となるイベント
次の条件を満たすイベントが対象です。
(1)令和2年2月1日から令和3年1月31日までに新型コロナウイルス感染症及びその蔓延防止のための措置の影響により、現に中止等された文化芸術・スポーツイベント
(2)主催者が文化庁・スポーツ庁に申請を行い、文部科学大臣の指定を受けたもの
中城村は、所得税と同様に文部科学大臣の指定を受けたイベントすべてを対象としています。
文部科学大臣の指定を受けたイベントについては、下記ホームページをご確認ください。
・(外部サイト)文化庁ホームページ 文化庁の指定イベントについて
・(外部サイト)スポーツ庁ホームページ スポーツ庁の指定イベントについて

 

3.控除対象税目
令和3年度又は4年度の所得税・個人住民税

 

4.控除される額

税目 控除種類 控除式の算定式
所得税 所得控除

「その年中に支出した寄附金の合計額(※)」−2,000円

 ※総所得金額の40%が限度

税額控除

(「その年中に支出した寄附金の合計額(※)」−2,000円) ×40%(税率)

 ※総所得金額の40%が限度

 

個人住民税 所得控除 -
税額控除

(次のいずれか低い金額−2,000円)×10%

a.「都道府県・市区町村に対する寄附金」、「住所地の共同募金会・日本赤十字社支部に対する寄附金」、「都道府県・市区町村が条例で定める寄附金」の合計額

b.年間の総所得金額等の30%

※所得税では「所得控除」又は「税額控除」のいずれか有利な方を選択できます。
※「所得控除」は、所得金額に税率を適用する前(税額算出前)に、所得税から差し引くもの
※「税額控除」は、所得金額に税率を適用した後(税額算出後)に、税額から差し引くもの
 (所得金額−所得控除)×税率=税額−税額控除

 

(例)払戻しを受けない額が10,000円の場合、次のとおりになります。
   所得税の寄附金税額控除額 3,200円
  (10,000円−2,000円)×40%

   個人住民税の寄附金税額控除額 800円
  (10,000円−2,000円)×10%

   自己負担額 6,000円


※年間で合計20万円までのチケット代金分が、この制度の税優遇の対象となります。ただし、他の寄附金税額控除対象額も合わせて総所得金額等の30%が上限となります。

 

5.申告手続について
(1)上記ホームページで、文化庁・スポーツ庁の指定イベントであるかどうかを確認してください。
(2)指定イベントである場合は、主催者に払戻しを受けないことを連絡し、「払戻請求権放棄に係る申請書」を提出、主催者から「指定行事証明書と「払戻請求権放棄証明書」の交付を受けてください。
(3)上記(2)の証明書を添付して、所得税の確定申告又は個人住民税の申告を行ってください(所得税の確定申告を行った方は、個人住民税の申告は不要です)。
※ふるさと納税をしている方で、確定申告を行う方は、ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けることができません。ふるさと納税に係る寄附についても併せて申告してください。

 

【お問い合わせ先】
中城村役場 税務課 住民税係 
TEL:098-895-2133(直通)

このページのTOPへ