共有資産の代表者の選定基準について

中城村では、共有資産に係る固定資産税に関する書類の送付について、共有者の中から一人を代表者として選定し、当該代表者へ納付書を送付しています。

ただし、納税通知書については固定資産税の課税があることをお知らせするため、共有者全員に送付しています。

 

1.共有資産の代表者は、おおむね次の基準による優先順に従って設定します。

 (1)物件所在地に居住している者

 (2)中城村内・沖縄県内に居住している者

 (3)共有持分の多い者

 (4)同一世帯上、納税義務者となりうる者(世帯主や親等)

 (5)登記順位が1番の者

 ただし、次のいずれかの場合は上記の優先順によらず代表者を設定します。

  イ.共有者より代表者変更の依頼がある場合

  ロ.相続により共有資産となった場合で、相続人代表者指定届が提出されている場合

 

なお、既に代表者が設定されている場合で、持分のみの変更や代表者以外の共有者の変更があった場合は、代表者の変更は行いません。

 

2.代表者指定(変更)の届け出

  代表者を指定又は変更する場合は、『共有資産代表者指定(変更)届出書』を提出してください。

  ※共有者全員の同意(署名捺印)が必要です。

  ※提出があった翌年度から新しい代表者へ送付します。

  ※同一の共有名義で所有する資産が複数ある場合において、資産毎に代表者を設定することはできません。

 

【お問い合わせ】

中城村役場 税務課

TEL 098-895-2131(内243)

 

このページのTOPへ