離婚後の子の氏の変更のための申立手続き

この申立手続きは、例えば、父母が離婚したときに、父の戸籍に残って父の氏を称している子が、母の戸籍に移り、母の氏を称したい場合などに行う手続きです。

父母が離婚した場合、子は当然に親権者の戸籍に入るわけではありません。そこで、父母の一方の戸籍に入っている子は、家庭裁判所に「子の氏の変更」の申立てを行い、その許可を受ければ父又は母の氏を称して他方の戸籍に入ることができます。 なお、実際に父又は母の戸籍に入るには、許可の審判を受けた後、審判書謄本を添えて役場(役所)での「入籍届」をする必要があります。

申立期間

必要な時にいつでもできる

申立を行う人
  • 子が15歳未満のときは、子の法定代理人(親権者)
  • 子が15歳以上のときは、子本人
申立を行う場所

子の住所地を所轄する家庭裁判所

中城在住の場合 那覇家庭裁判所沖縄支部
住所 沖縄市知花6丁目6番7号
電話 098-939-0017
申立を行う場合に必要なもの
  • 子の氏の変更許可申立書(家庭裁判所に備え付けられています)
  • 申立人である子が現在入っている父又は母の戸籍謄本1通
  • 申立人である子が入ろうとする父又は母の戸籍謄本1通
  • 収入印紙(子ども1人につき800円)
  • 80円の郵便切手(送付先が複数の場合はその枚数)
  • 申立人の印鑑(15歳未満は法定代理人の印鑑)
審判書謄本送付後の手続き

子の氏の変更許可がされても入籍届を行わなければ子の氏は変わりません。

そのため、申立後、家庭裁判所から審判書の謄本が郵送されてきたら、その謄本を持参して役場(役所)で入籍届を提出してください。なお、入籍届出地が本籍地と異なる場合には、申立時に添付した上記の申立人である子が現在入っている父又は母の戸籍謄本と申立人である子が入ろうとする父又は母の戸籍謄本が必要となりますので、裁判所に申し立てる際に2通ずつ取得しておくと便利です

お問い合わせ先
  • 那覇家庭裁判所沖縄支部
  • 電話 098-939-0017

コンテンツ

サイト内検索

  • 中城村を知ろう!
  • 世界文化遺産中城城跡から巡る とよむ中城
  • 沖縄の世界遺産 中城城跡

このページのTOPへ