個人住民税が算出されるまでの具体例

個人住民税が算出されるまでの具体例


家族構成 夫婦子ども2人(妻子は所得無し、子は17歳と21歳)  
平成x-1年中の収入 収入 5,670,000円  
必要経費 2,175,000円  
国民健康保険及び国民年金の支払額 420,000円  
生命保険の支払額 100,000円  
個人年金保険料の支払額 0円  





所得金額(収入-必要経費) 5,670,000円-2,175,000円=3,495,000円 A
所得控除 社会保険料控除 420,000円  
生命保険料控除 35,000円  
配偶者控除 330,000円  
扶養控除 330,000円  
特定扶養控除 450,000円  
基礎控除 330,000円  
1,895,000円 B
課税所得金額(A-B) 3,495,000円-1,895,000円=1,600,000円 C
所得割(C×税率) 村民税 96,000円 D
県民税 64,000円 E
調整控除 村民税 330,000円×3% 9,900円 F
県民税 330,000円×2% 6,600円 G
330,000円は住民税と所得税の人的控除額の差(配偶者除50,000円、扶養控除50,000円、特定扶養控除180,000円、基礎控除50,000円)の合計額。  
調整控除後の所得割額 村民税(D-F) 86,100円 H
県民税(E-G) 57,400円 I





均等割 村民税 3,000円 J
県民税 1,000円 K
  村民税(H+J) 89,100円  
県民税(I+K) 58,400円  
  平成x年度分の個人住民税 147,500円  

このページのTOPへ