平成30年度村・県民税および国民健康保険税申告が始まります。

1  申告期間           
平成30年2月15日(木)〜平成30年3月15日(木)           
ただし、土・日曜日、祝日は除く。           
※2月18日(日)、3月11日(日)は休日受付を行います。           
           
行政区別受付日程(指定行政区以外の方でも受付できます)           
           
2  受付時間           
午前9時〜午前11時30分           
午後1時30分〜午後4時          
※会場の混み具合によって、受付開始及び終了時間が早まる場合があります。           
           
3  会     場           
吉の浦会館 中会議室
 

受付日程
2月 3月
15日(木) 伊集・和宇慶・南浜・北浜・津覇・
中城団地・奥間・浜
8日(木) 指定日に来られない方(全行政区)
16日(金) 9日(金)
18日(日) 指定日に来られない方(全行政区) 11日(日)
19日(月) 安里・当間・屋宜・添石・伊舎堂・
第2団地・泊・久場
12日(月)
20日(火) 13日(火)
21日(水) 登又・新垣・サンヒルズ・北上原・
南上原
14日(水)
22日(木) 15日(木)

 

※混雑を避けるため、行政区ごとに申告指定日を設定しています。           
※指定日以外は、中城村役場 税務課 窓口にて受付しております。           
           
           
4  申告に必要なもの           
■申告書(送付されていない場合は、税務課窓口または申告会場で配布)           
■印鑑(認印可)           
■マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード+運転免許証等本人確認書類           
※前年度の申告から、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、           
   申告書にマイナンバーの記載が必要になります。           
   個人番号が記載された申告書を提出する場合は、番号法の規定に基づき           
   マイナンバーの番号確認と、本人確認をさせていただきます。           
※扶養控除の適用を受けたい方は、被扶養者のマイナンバーも記載が必要になります。           
(16歳未満の方も扶養に入れる場合は、マイナンバーの記載が必要になります。)           
≪番号確認と本人確認の組合せ例≫           
   ○マイナンバーカード(個人番号カード)           
   ○マイナンバー通知カード+顔写真付本人確認書類(運転免許証等)           
   ○マイナンバー通知カード+本人確認書類1点(保険証+通帳 等)           
■平成29年中の収入・経費を証明するもの           
(源泉徴収票や給与収入証明書、収支明細書、収入支出帳簿および領収書等)           
■諸控除を受ける人           
・社会保険料の領収書または支払証明書(平成29年中に支払ったもの)           
・生命保険料、地震保険料の控除証明書(平成29年中に支払ったもの)           
・医療費控除の明細書又は、セルフメディケーション税制の明細書と健康診査等の受診を証明できる書類(どちらか選択)
※詳細については、国税庁ホームページ「平成29年分 確定申告特集(医療費控除が変わります)」をご覧ください       
・障害手帳(障害者控除を受ける方)、学生証(勤労学生控除を受ける方)           
・障害者控除対象者認定書(65歳以上で要介護の認定を受けている方。事前に福祉課へ確認し、発行手続きが必要です。)           
■その他内容を確認する際、必要と思われるもの           
           
           
※次に該当する人は、申告の必要がありません           
■ 昨年の収入が給与のみで、勤務先で年末調整済みで、勤務先から村役場に給与支払報告書が提出されている方           
■ 昨年の収入が公的年金等のみで、収入金額が148万円未満(65歳以上)、もしくは98万円未満(65歳未満)の方
 ※扶養控除等の諸控除を受ける方は申告をする必要です。
 ※公的年金等の収入額が400万円を超える方は、所得税の確定申告が必要です。           
■ 所得税の確定申告をした方           
■ 昨年の収入がない方で、平成30年1月1日現在中城村に住んでいる方の扶養親族となっている方           
 ※村外の方の扶養親族となっている方、又は下記【*村・県民税の申告をしないと困ること】に当てはまる方は申告が必要です。          
           
           
*申告書は2月上旬に発送予定です           
申告書は次の方などに送付します。           
■ 昨年、村・県民税申告をした方           
■ 昨年、勤務先を退職した方(新しい勤務先で、合わせて年末調整されていたら不要です。)           
■ 昨年、中城村に転入した方           
■ 申告義務があると思われる方           
           
村・県民税申告をする方で、村役場から申告書が送付されていない場合は、税務課窓口           
(申告期間中は、申告会場)にありますので、お問い合わせください。           
           
*申告期限を過ぎますと、平成30年度申告の受付を停止します。           
   受付再開は6月1日(金)以降となりますので、期限内に申告を済ませてください。           
           
【*村・県民税の申告をしないと困ること】           
● 所得証明書等が発行できません。           
 (村・県営住宅の入居・更新、就学援助、児童手当、保育所入所などの手続に支障をきたします)           
● 国民健康保険税、高額療養費の自己負担額の軽減措置が受けられません。           
● 国民年金の免除申請および各種福祉手当の受給手続ができません。           
・・・などの、不利益を受ける場合があります。村民の皆さまのご協力をお願いします。 

 


          

          
確定申告について           
以下に該当する方は、税務署で確定申告を行ってください。           
・土地、建物を売却した方           
・営業収入1,000万を超える方、「所得税」「消費税」が生じる方       
・青色申告をされる方
・住宅ローン控除を初めて受ける方           
など。           
 (注釈)国税、確定申告に関する情報は、「平成29年分 確定申告特集」をご確認いただくか、    
            沖縄税務署(TEL:098-938-0031)へお問合せください。           

このページのTOPへ