国民健康保険税について

国民健康保険税の決まり方

保険税は、みなさんの医療費にあてられる国保の貴重な財源ですので、必ず納期内に納めるようにしましょう。

保険税の決まり方

保険税の総額を次の項目に割り振り、それらを組み合わせて世帯ごとの保険税額が決められます。

  • 所得割(世帯の被保険者の所得に応じて計算)
  • 資産割(世帯の被保険者の資産に応じて計算)
  • 均等割(世帯の被保険者数に応じて計算)
  • 均等割(一世帯にいくらと計算

40歳未満の人

国民健康税=医療保険分+後期高齢者支援

40歳以上65歳未満の人

国民健康税=医療保険分+後期高齢者支援分+介護保険

65歳以上75歳未満

国民健康税=医療保険分+後期高齢者支援分
(介護保険料は、原則として年金から天引きされます。)

保険税は世帯主が納めます

国保の保険税を納める義務は世帯主にあります。世帯主が国保に加入していなくてもほかの家族が国保に加入していれば、世帯主に納税通知書が送付されます。

保険税の納付は便利な口座振替を

保険税の納付を口座振替にすれば、納め忘れの心配がなくなります。

一度手続きすれば翌年度からも自動的に更新されるので便利です。ぜひ口座振替をお勧めします。各金融機関に申込書がありますので通帳、通帳印を持参して手続きをして下さい。

国民健康保険税の国保指導員について

保険税の納付相談や調査は、村の嘱託職員(国保指導員)が行います。国保指導員は、写真入りの身分証明書を常に携帯しています。

保険税をずっと納めないでいると

  1. 督促
    納期限を過ぎると督促が行われ、延滞金などを徴収される場合があります。
  2. 短期被保険者証
    保険者証の代わりに、有効期間の短い「短期被保険者証」が交付されます。有効期間が短いので、頻繁に更新手続きが必要になります。
  3. 資格証明書
    保険証の代わりに、被保険者であることを証明する「資格証明書」が交付されます。資格は証明されても、医療費は全額自己負担になります。
  4. 給付差し止め
    国保の給付が全部、または一部が差し止めになります。
  5. その他の措置
    差し止められた保険給付額から滞納額が差し引かれます。

お問い合わせ先

このページのTOPへ